FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DV被害について

一般的に親密と言われる関係にある人
(配偶者・内縁の夫・婚約者・恋人など)
から他方に対する暴力を
ドメスティックバイオレンス(DV)」と言います。

配偶者から殴られたり、蹴られたり、
首を絞められたりしているのに、
ただの夫婦喧嘩」「私が悪いから怒られる
そのくらいは当然のことだ
などと思って我慢していませんでしょうか。

配偶者間であっても、暴力は犯罪であって、
どんな理由があっても許される行為では
ありません。

このようなDVによる被害に遭っている方は、
DV防止法によって保護を受けることが
出来ます。

身体に対する暴力」「生命等に対する脅迫
を受けた被害者は、その後も
加害者からの身体に対する暴力により
生命又は身体に重大な危害を受けるおそれが高い場合、
裁判所に申立てをし、保護命令を出して
もらうことが出来ます。

この場合、
言葉による暴力性的暴力もDVに
当たります。

精神的暴力に当たりうる場合は、
大声で怒鳴る、「誰のおかげで生活出来ると
思ってるんだ」等と言う、人の前でバカに
したり、命令するような口調で話しをする、
生活費を渡さない、殴るようなそぶりをする、
などです。

性的暴力に当たりうる場合は、
嫌がっているのに性的行為を強要する、
避妊に協力しない
などです。

思い当たることがあって、つらいことを我慢
しているような場合には、DVに遭っている
ということに気付いて、相談してみて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://yoshikohigashiya.blog120.fc2.com/tb.php/69-f613a9bf

プロフィール

弁護士東谷良子

Author:弁護士東谷良子
埼玉県さいたま市浦和区で木村智博弁護士と木村・東谷法律事務所を共同経営する女性弁護士です。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。